PLAYLOG


プロフィール

masaki

Author:masaki
masakiです。プロフィール

思いっきり生きるをモットーに生きて生きて生きまくるんだからッッ。


カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


全ての記事を表示する


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:blog
人はみなそれぞれ歩んできた道のりが違う。

背負っているものも違う。

価値観や考え方が違うのは必然的である。

それは時に争いを生み、多くの悲しみを呼ぶ。

人はみな違う。
これを真に理解しなければ衝突による摩擦に耐えられない。

人は違いを許すことで好きになれる。

認めることで愛することが出来る。

すべて人を認めず許せないひとは悲しい人だ。
個人の違いを知らず争いが絶えないことだろう。

すべて人を許し、認めぬものは傲慢な人だ。
自分が正しいと根っから思いこんでいる。

すべて人を許し、認める者は、
今の世界にいるだろうか。
いたとしてもきっと羨むような生活をしているわけではないだろう。
社会、組織の中では先ず潰されてしまう。

人はどうあるべきか。
私にはわからない。

私も所詮多くを許すが認めれぬ人であるから。

人を好きになるのはこんなにも容易いのに、何故愛することが出来ないのか。

(ここでいう「許す」とは、ミスを許すとかじゃなくて、違いを受け入れること。
「認める」というのは違った他を真であると、正しいと、個として認めること。…認めれぬ人間に説明は無理です。)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 67億分の1の物語 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。